COLUMN

仕事ができる人の特徴

投稿日

仕事ができる人とそうでない人

仕事ができる人ってとってもかっこいいですよね。実は、仕事ができる人とそうでない人は、習慣でも差が出るというのをご存知でしょうか。生活習慣は人の体や思考に影響を及ぼしますが、それは同時に仕事のパフォーマンスにも関わってくるのです。仕事ができる人の習慣を日常に取り入れ、習慣化することで、思考が変わり仕事のパフォーマンス向上に効果が期待されます。では、仕事ができる人の習慣とは、いったいどのようなものなのでしょうか。自身の生活習慣と照らし合わせ、仕事ができる人の習慣に当てはまるものがあるか確認してみましょう。

仕事ができる人の習慣3選

仕事ができる人の習慣1つめは、睡眠の質を高めることです。睡眠は8時間取ると良いと言われることが多いですが、実際は人それぞれ必要な睡眠時間は違います。それは睡眠の質により左右し、中には睡眠時間が3時間ほどで足りるショートスリーパーと呼ばれる人もいます。ですので、睡眠時間というよりは、睡眠の質を向上させることで、頭がスッキリし、仕事の作業効率が格段に上がりやすくなります。寝る前にぬるま湯に浸かったり、携帯やテレビは寝る数時間前には見ないようにしたり、温かい飲み物を飲んで副交感神経を優位にし、ぐっすりと質の良い睡眠が取れるよう心がけることが、仕事ができる人の習慣になるのです。そして、自分に合った睡眠時間を知ることで、より他の時間を有意義に使うことができるでしょう。

仕事ができる人の習慣の2つ目は、能動的に動くことです。仕事ができる人の習慣として、指示されてから動くのではなく、自ら考え行動する能動力も大切です。仕事ができる人の習慣とそうでない人の習慣を見比べると、その差は大きく感じられます。仕事ができると言われている上司や同僚の動きをよく観察し、参考にして自ら積極的に動くのも仕事ができる人の習慣への1歩となります。

そして、仕事ができる人の習慣3つ目が運動です。運動が仕事へ及ぼす良い影響は計り知れません。運動をすることで体や頭がすっきりとしてフットワークが軽くなり、次々と良いアイデアが出てくるなどの可能性が高まります。また、自己統制能力が培われて、自分に対する自信が湧いてきます。自己コントロール能力も高まるので、一定のパフォーマンスが保たれるようになり、仕事に安定感をもたらします。これが仕事ができる人の習慣のミソになるポイントです。

いくつ仕事ができる人の習慣とあてはまっていましたか?

習慣を一緒につけましょう


紹介した、仕事ができる人の習慣ですが、全てを急に始めるのは難しいですし、始めたとしても習慣になるまでに挫折してしまいますよね。BODYCLINIQUEでは、運動習慣をメインにお客様の仕事ができる人の習慣をつけるためのサポートも行います。仕事ができる人の習慣だけに限らず、さまざまな習慣は自分だけでつけるのは困難。モチベーションが下がりそうな時もトレーナーがしっかりサポート。無理なく1人1人に合わせたトレーニングで、運動から食生活、睡眠等まで日常のパフォーマンス向上を目指してお手伝いいたします。是非、仕事ができる人の習慣を身につけたいかたは、BODYCLINIQUEにご相談ください。

【ACCESS】

BODY CLINIQUE(ボディクリニーク)
ヘルスケア+パーソナルトレーニング

6:00~21:00 不定休

〒460-0003 名古屋市中区錦2丁目13−31

地下鉄伏見駅一番出口北向、一本目右、三本目右、バリオカフェ隣〔徒歩約4分〕