COLUMN

ボディクリニークの本当の役割

投稿日

ボディクリニーク(BODY CLINIQUE)に求めること

ボディクリニーク(BODY CLINIQUE)では、皆様の健康のお手伝いをします。しかし、一概に「ボディクリニーク(BODY CLINIQUE)」といってもそれぞれが思い描くものは全く違います。少し太ってきてお腹の脂肪が気になる…という人は、元の体型に戻りたい、それをサポートして欲しいと考えるかもしれません。しかし、持病を持っており、それを悪化しないようにサポートをしてほしいと考える人もいるでしょう。そんな中でも、健康習慣を見直し、健康的な体で健康的な生活を送れるように取り組むことは共通しています。一人一人にあったサポートを行うためには、現状の分析、将来の理想の確認、そしてそれを叶える手段(方法)の模索が重要です。ボディクリニーク(BODY CLINIQUE)とは、それらの3つの要素があってこそ、本当の意味で叶えることができるのです。

ボディクリニーク(BODY CLINIQUE)の現状の分析

ボディクリニーク(BODY CLINIQUE)といっても、最初から運動をしましょう、食事を改善しましょうということではありません。なぜ現在の状態になったのか、普段の生活はどのように過ごしているのか。なぜそこからボディクリニーク(BODY CLINIQUE)を受けて変わりたいと思ったのか。現状を分析し、何が問題なのかを考える必要があります。今までの生活の積み重ねが現在に繋がっているため、すぐにボディクリニーク(BODY CLINIQUE)を始めることはできません。そして、ボディクリニーク(BODY CLINIQUE)によってどのような変化を求めているのか、将来的に理想とする姿をお聞きし、サポートをしていくことになります。将来といっても、近い未来のことなのか、ボディクリニーク(BODY CLINIQUE)をずっと継続してやっていきたいのかなど、目標をもって取り組むことが重要です。 

ボディクリニーク(BODY CLINIQUE)の手段の模索

そそれぞれに合った方法でサポートを行うことも大切です。なぜなら、「運動が大好き。毎日運動に取り組みたい」という人もいれば、「運動は苦手。どうしても一人でやる気がしない」という人もいます。ボディクリニーク(BODY CLINIQUE)としての、これまでのノウハウを集約してプログラムを考えることに加え、その上で一人一人にあった工夫が必要となります。できること、できるけどやりたくないこと、できないこと、できないけれど頑張りたいことなど、それぞれを把握し進めていくことになります。そのためにも、サポートを行う人との信頼関係は欠かせません。見栄を張って噓をついてしまっては、正しいサポートを行うことはできません。正に、ボディクリニーク(BODY CLINIQUE)は二人三脚で一緒に取り組んでいくことが必要なのです。  

【ACCESS】

BODY CLINIQUE(ボディクリニーク)
ヘルスケア+パーソナルトレーニング

6:00~21:00 不定休

〒460-0003 名古屋市中区錦2丁目13−31

地下鉄伏見駅一番出口北向、一本目右、三本目右、バリオカフェ隣〔徒歩約4分〕