COLUMN

健康に大切な睡眠習慣

投稿日

睡眠習慣の必要性

私たちは人生の3分の1を睡眠時間に当てていると言われています。そんな睡眠を良い習慣にし睡眠習慣を物にすれば
健康習慣に繋がります。
まず睡眠には「脳や身体の休養」「疲労回復」「免疫機能の増加」「記憶の固定」「感情整理」など多くの重要な役割があります。 また記憶の整理・定着をするために必要といわれています。
このようにさまざまな役割が睡眠にはあり、そんな睡眠習慣
を身につける事で安定した睡眠を手に入れる事ができます。
うまく睡眠不足を解消しながら、体内リズムをコントロールして、睡眠習慣にしていきましょう。
また、睡眠と健康はとても密接にかかわっています。
睡眠習慣がなく睡眠不足になりやすい人は身体の健康・心の健康に影響がでやすくなります。
睡眠習慣がうまくなく睡眠不足になる人の初期症状として以下のものが挙げられます。
①ストレスを感じやすい
②疲れやすい
③集中力がない
④暴食してまう
自分自身が眠気を感じていなくても、身体に必要な睡眠時間・質が足りていない可能性があります。
睡眠習慣を身につける事で自分では気づいていなかった
日々のちょっとした不調も改善に繋げていきましょう。
睡眠習慣により脳を休め、自律神経を整える事で疲労回復にも繋がり、その日の疲労回復をする事で次の日の身体と心のパフォーマンスも向上します。
また、睡眠習慣により病気の予防にもなります。
睡眠の質が悪いと高血圧や糖尿病、動脈硬化といった生活習慣病の原因になるともいわれています。

良い睡眠習慣とは

ではそういった不調を改善する為にはどのような睡眠習慣にしたら良いのでしょうか。
ただ単純に睡眠時間が長ければ良いとは限りません。
睡眠時間が長い=質のいい睡眠とは言えません。
よい睡眠習慣は
「寝つきがよい」「ぐっすり眠る」「寝起きすっきり」
の3つがPOINTとなります。
なので睡眠時間が短くてもぐっすり寝て寝起きもスッキリしていれば質のいい睡眠が取れているという事です。
質のいい睡眠をとりそれを睡眠習慣にするには
①就寝3時間前には夕食を済ませる 
②温かい飲み物で眠気を促す 
③ぬるめの入浴でリラックス 
④リラックスできる音楽を聴く 
⑤休日の生活サイクルを整える
⑥自分に合った寝具選び 
などを意識し行動する事で質のいい睡眠がとれ
それが習慣となり睡眠習慣に繋がります。

BODY CLINIQUE(ボディークリニーク)のサポート

BODY CLINIQUE(ボディークリニーク)では、運動習慣・睡眠習慣・食事習慣の生活習慣を健康維持できるものに変えていきます。生活習慣が健康になり生活リズムが整えば、睡眠の質も良くなります。適度な運動は体の筋肉をほぐす効果もあり、運動を取り入れた生活にした方が睡眠時の疲労回復度もより高くなります。
睡眠前に胃腸に負担をかけない食事のサポートもしており
睡眠習慣・健康習慣どちらにも効果的になります。
健康と睡眠は密接に関係しているため、健康・睡眠習慣を改善することで相乗効果が得られます。
ぜひ習慣を改善し質の良い睡眠を取り、睡眠習慣・健康習慣を身につけていきましょう!

【ACCESS】

BODY CLINIQUE(ボディクリニーク)
ヘルスケア+パーソナルトレーニング

6:00~21:00 不定休

〒460-0003 名古屋市中区錦2丁目13−31

地下鉄伏見駅一番出口北向、一本目右、三本目右、バリオカフェ隣〔徒歩約4分〕