COLUMN

脳を味方にして習慣を作る

投稿日

習慣を作るために必要な脳の仕組み

私達が毎日何気なく行っている習慣は、脳からの指令が行動となって表れています。私たちの行動の45%は習慣により成り立っていると言われています。習慣は脳が何も考えなくても行動を選択できるように行動に至るプロセスを自動化したものになります。つまり、習慣にすることで脳も省エネにすることが出来ると言えます。脳にある習慣をつかさどる神経経路が何らかの合図や外からの刺激で活性化すると、脳の神経経路に沿って電気信号が走り、習慣化された行動が出来るという仕組みになっています。例えば、多くの人が習慣になっている帰宅後の手洗い・うがいは、玄関に入るという行動と同時に手洗い・うがいの脳神経が作動し考える必要なく行動が出来るようになっています。このように脳が習慣を憶えることで考えることなく習慣化された行動を行うことが出来ます。つまり、何度も同じ行動を繰り返すことで行動専用の神経軽度が作られ、その行動が習慣として脳に記憶されていきます。ただ、私達の脳は急激な変化には抵抗しようとする力が働くため、今までの生活が大きく変化するような行動は習慣にすることが難しくなってしまいます。そのため、脳の抵抗が少ない行動から習慣にしていくことがポイントとなります。このように、脳が習慣を作る仕組みを理解しておくことで新たな行動を習慣にすることも簡単にできるようになります。

脳を理解して小さなことから習慣にしていく

私達が新たなことを始めようとするとき、大きな目標を立てて失敗してしまったという経験はありませんか?例えば-〇㎏痩せる!など理想の状態を目標として掲げてしまうと大きな変化になるため脳は抵抗を起こしてしまいます。そのため、理想としてやりたいことではあるけど脳が抵抗することで脳には残らず習慣にできない状態が続き挫折してしまうという結果になってしまいます。そこで必要なポイントが、小さなことを目標として、繰り返し行うことで脳に記憶させ習慣にしていくことです。ダイエットで言えば、目標体重にするために毎日数回でもいいので筋トレをするという小さな目標を立てていきます。脳に抵抗の少ない、小さなことで簡単に達成可能なものから習慣を作るようにしていくことで大きな目標を達成するための習慣を作る事が出来ます。

BODY CLINIQUE(ボディクリニーク)で健康習慣を作る
BODY CLINIQUE(ボディクリニーク)では脳科学的知識も駆使してお客様が健康習慣を作る事をサポートしています。そのため、お客様とのコミュニケーションも大切にし、どのような事が取り入れやすく、毎日継続することができるのかを考え提案していきます。無理な計画を立てるのではなく、脳の仕組みを使って習慣にしていくため毎日取り入れることのできる計画を立て、実践していきます。脳科学を元にしたサポートを行っていくことで、お客さまが健康な体を維持できるようにサポートしていきます。

【ACCESS】

BODY CLINIQUE(ボディクリニーク)
ヘルスケア+パーソナルトレーニング

6:00~21:00 不定休

〒460-0003 名古屋市中区錦2丁目13−31

地下鉄伏見駅一番出口北向、一本目右、三本目右、バリオカフェ隣〔徒歩約4分〕