COLUMN

運動で幸せ習慣を手に入れる

投稿日

運動と幸せホルモン

皆さん運動や筋トレをしていますでしょうか。実は運動や筋トレをすると幸せホルモンが分泌され、幸せ習慣が身に付く事がわかっています。定期的に適度な運動をする事で健康的な生活を送ることもできるため、この機会に是非、運動で幸せ習慣を身に付けてみてください。

幸せ習慣が身に付く幸せホルモン3選

運動をすると様々な幸せホルモンが分泌され、幸福感が増加します。しかし、運動の種類や強度によって幸せホルモンの種類も変わってくるので、どんな幸せ習慣を身に付けたいかによって運動の種類と強度を選ぶのがオススメです。
1.セロトニン
精神を安定させる神経伝達物質で、低下すると抗うつを引き起こし、幸せ習慣から遠のきます。元気がなかなか出ない人や、すぐに落ち込んでしまう性格の人は、セロトニンを多く分泌させて幸せ習慣を作ることをお勧めします。具体的に幸せ習慣を作る運動として、一定のリズムで繰り返すリズム運動が良いとされています。例えば、一定のリズムで行うスクワットや筋トレ、一定のリズムで呼吸を繰り返すウォーキングやランニング、エアロビクスが代表例です。
2.ドーパミン
快楽をもたらす神経伝達物質で脳にご褒美を与えます。ストレスで低下してしまう物質なので、ストレスがかかるとドーパミンを分泌しようと甘いものに走ったりするのはこのためです。依存症の原因になりえますが、運動によっても分泌されるので、健康的に脳に与えて幸せ習慣を作りたいホルモンの一つです。運動で幸せ習慣を最も手軽に作れるホルモンでもあります。なぜなら、適度な有酸素運動(やや呼吸が速くなり、少し辛いと感じる程度)で十分ドーパミンが分泌されるため、難易度が低いからです。幸せ習慣づくりの入門編として是非お試しください。
3.エンドルフィン・内因性カンナビノイド
エンドルフィンは食事や運動の際に増加し、多幸感をもたらす事で幸せ習慣を作ります。内因性カンナビノイドは体内で分泌される生理活性物質です。中枢神経や末梢神経に作用し、全身の細胞を調和させ、バランスを保ち、免疫や認知、記憶、感情、鎮痛など、さまざまな心身の働きをサポートしており、幸せ習慣を作る以外にも非常に大切なホルモンです。これらは長距離のランニングで多く分泌されますが、幸せ習慣を作るには強度が関係してきます。自身のマックスの70~80%、軽く息が上がり、ギリギリ会話はできる程度の強度で行う事が幸せ習慣を作るために望ましいです。これらは3つの幸せホルモンの中では最も幸せ習慣を作りづらいですが、苦しいと感じても諦めずに継続する事で、脳が若返り、記憶力や意欲、学習機能アップなど脳機能を高めて、脳の老化予防にもなる優れた幸せホルモンです。

BODY CLINIQUEで身につける幸せ習慣

運動によって幸せ習慣が身に付く事はお伝えしてきましたが、実際に身につけようとするとしても難しく感じる方はいらっしゃいませんでしょうか。そんな時は是非BODY CLINIQUEをご活用ください。BODY CLINIQUEでは元オリンピック選手が長年の経験を踏まえて、一人一人に合わせた「幸せ習慣作り=運動習慣づくり」をお伝えいたします。そのため、1人で幸せ習慣を作る事が苦手な方でも安心して幸せ習慣を作る事が可能です。

【ACCESS】

BODY CLINIQUE(ボディクリニーク)
ヘルスケア+パーソナルトレーニング

6:00~21:00 不定休

〒460-0003 名古屋市中区錦2丁目13−31

地下鉄伏見駅一番出口北向、一本目右、三本目右、バリオカフェ隣〔徒歩約4分〕