COLUMN

食習慣を見直して健康維持

投稿日

健康な食習慣の重要性

現代の日本人は食料過剰時代を生きています。「好きなものばかり食べる」「夜遅くに食事をする」「お酒を飲みすぎる」など食生活の乱れや偏りが問題となっています。あなたの食習慣はいかがでしょうか?「健康的な食習慣」とは、どのような食習慣を指すのでしょうか?健康な体を維持する食習慣を保つためには、バランスのよい食事をする食習慣が大切です。栄養素のバランスがとれた食事を、腹八分目を心がけ1日3食取り入れる食習慣のことです。1日3食食べる食習慣は活動に必要なエネルギーや栄養素を補うだけでなく、生活リズムを整える点でも重要です。1日3食を毎日同じ時間帯に食べる食習慣をつけましょう。脳は眠っていても活動しています。脳を十分に活動させるためには3回の食習慣が有効です。

栄養バランスのいい食習慣とは

栄養のバランスのいい食習慣を保つためには、『これだけを食べたらよい』というものはありません。偏った食習慣は、体をサポートしてくれる栄養が偏ってしまうということになってしまうのです。バランスの良い食習慣は『健康の基本』です。食習慣は私たちに栄養を与えてくれる大切な手段ですので、バランスのとれた栄養を摂ることが大切なのです。

規則正しい健康な食習慣の効果

・生活リズムが整う
・適正体重を維持できる
・腸内環境が整う
・自律神経が乱れにくくなる
私たちの体が活動するに必要なエネルギーは私たちが食べたものから使われます。現代人の中には、大人だけでなく子どもも生活が夜型化する傾向があり、夜の食事が遅い、就寝時間が遅いことから、朝ご飯が食べられない、というような悪循環のケースが見られます。現代人は忙しく、3食をきちんと取らない場合も多いです。忙しいからと、食事を抜いてしまう習慣が続くと、必要な栄養素が十分にとれなくなってしまうことがあります。3食の食習慣が崩れると脳へのエネルギーが不足がちになるほか、1回の食事量が増えて肥満や生活習慣病などにつながる可能性もあります。3食の食習慣が老化やボケ防止に役立つ可能性があります。人には約1日のリズムを刻む「体内時計」が備わっており、体温や血圧、血糖値などを調節しています。規則的に3食取る食習慣がその調節機能維持に役立つといわれています。
特に症状がなくても「最近偏ってるかな?」「外食が多いかな」と自分の食習慣を振り返ることはとても大切です。まずはこの一週間の食習慣から振り返ってみましょう。

【ACCESS】

BODY CLINIQUE(ボディクリニーク)
ヘルスケア+パーソナルトレーニング

6:00~21:00 不定休

〒460-0003 名古屋市中区錦2丁目13−31

地下鉄伏見駅一番出口北向、一本目右、三本目右、バリオカフェ隣〔徒歩約4分〕