COLUMN

BODY CLINIQUE(ボディクリニーク)が誇るヘルスサポーターをご紹介

投稿日

パーソナルトレーナーとヘルスサポーターの違い

  一対一でトレーニングを行うトレーナーをパーソナルトレーナーと呼びます。ただ、現在多くの人がイメージするパーソナルトレーナーはダイエットや筋トレをサポートしてくれる人、というイメージを持っていませんか?多くのパーソナルトレーナーはイメージ通りだと思いますがBODY CLINIQUE(ボディクリニーク)でお客様のサポートを行うパーソナルトレーナーは健康に関するすべての知識を持っていて、多方面からのアドバイスを行うことが出来ます。その為、BODY CLINIQUE(ボディクリニーク)でお客様を対応するのはパーソナルトレーナーではなく、ヘルスサポーターと呼んでいます。一般的なパーソナルトレーナーと、BODY CLINIQUE(ボディクリニーク)にのみ存在するヘルスサポーターの違いと魅力をお伝えしていきます。    

BODY CLINIQUE(ボディクリニーク)のヘルスサポーターはなぜすごいのか

BODY CLINIQUE(ボディクリニーク)はソチオリンピックでボブスレー日本代表を経験している、元オリンピック選手が指揮を取っています。元オリンピック選手がパーソナルトレーナーの枠を超え、ヘルスサポーターとして実際にお客様のトレーニングをサポートし、他スタッフへもパーソナルトレーナーではなくヘルスサポーターとして活躍できる教育も行っています。そのため、一般的なパーソナルトレーナーと比較すると知識と経験のレベルは別格です。世界に通づる経験をもとにトレーニングを行っている行っているパーソナルトレーナーは他にいません。この確かな知識と技術をもとにお客様へパーソナルトレーナーではなくヘルスサポーターとしてアドバイスを行うことが出来ます。さらに、体を資本とするアスリートだからこそ、健康にフォーカスを当て、パーソナルトレーナーでは把握できないこともヘルスサポーターとして多角的にお客様を見ることができます。ヘルスサポーターはパーソナルトレーナーとは違い、健康習慣を作ることを目的としているため、健康に関する幅広い知識が必要です。BODY CLINIQUE(ボディクリニーク)はマンツーマンの環境で行いますが、パーソナルトレーナーではなく確かな経験と知識のあるヘルスサポーターがお客様の健康習慣を作るサポートを行います。 

ヘルスサポーターが真の健康を作る

BODY CLINIQUE(ボディクリニーク)のヘルスサポーターは元オリンピック選手を筆頭に、健康に関する正確な知識を持ってお客様のサポートをしています。ヘルスサポーターは一般的なパーソナルトレーナーとは違います。パーソナルトレーナーは見た目の改善を行うことがメインのため、健康かどうかはあまり考えられていません。ヘルスサポーターは見た目だけではなくお客様の健康習慣を体質や生活習慣から見直して体の内側から根本改善を行います。そのため、パーソナルトレーナーと共に一度はダイエットしたけどリバウンドしてしまった、トレーニングを始めたけど続かなかったということが起きないようプログラムを考えています。パーソナルトレーナーではなく、ヘルスサポーターだからこそ、根本改善ができ、健康を維持できる健康習慣を身につけることが出来ます。そんなパーソナルトレーナーとは別格な最上級のヘルスサポーターと行う、健康習慣を身につけるためのトレーニングを体感する事をお勧めします。 

【ACCESS】

BODY CLINIQUE(ボディクリニーク)
ヘルスケア+パーソナルトレーニング

6:00~21:00 不定休

〒460-0003 名古屋市中区錦2丁目13−31

地下鉄伏見駅一番出口北向、一本目右、三本目右、バリオカフェ隣〔徒歩約4分〕