COLUMN

知らない間に判断能力は低下してしまっている!

投稿日

誰もが使う判断能力

判断能力を使う場面と言われるとどんな時を想像するでしょうか。重要な決断をするとき、お医者さんなどが生死にかかわる決断をするときなどが思い浮かべられるでしょうか。実は判断能力は日常生活の些細な場面で必要になってきます。そのため、判断能力を高めることは全ての人に必要なのです。人は1日の生活で6万回の選択をするというのをご存知でしょうか?例えば朝目覚めたタイミングで起きるかどうか、朝食を食べるかどうか、何を着て、何時に家を出るか、挙げればきりがないほどに私たちの日常には選択の場面があります。その選択のすべてに判断能力が必要になります。判断能力が高ければ自然と自分や周りに最適な生活を送ることが出来ます。 しかし、今の私たちは著しく判断能力が低下しているという状況にあります。なぜかというと、ITやAIの発達により、考えなくても答えが出せる状態や覚えなくてもいつでも教えてもらえる環境になっています。こうした環境が私達の判断能力を低下させる原因となっています。そのため、私達が自分で意識をして居なければ、加齢以上のスピードで判断能力は低下してしまうため、判断能力を低下させないために判断能力を高めるための行動が必要になります。そして判断能力は鍛え続けることで高めることが出来ます。

判断能力を高めるメリット

判断能力を高めることが必要だという事はなんとなくわかっている、そんな方も多いのではないかと思います。では、判断能力を高めると私達にどのようなメリットがあるのかをお伝えしていきます。まず、判断能力が高くなれば一つ一つの選択にかかる時間が短縮されます。今まで以上に日常生活の効率も上がり、余った時間でさらに好きな事が出来るようになります。また、判断能力が高いと思考がクリアになり、日常生活で起きることに対しての感じ方も変わります。今までなんとも思っていなかったけど、実は楽しい事だった、実は面白い事だったといることもあります。日常生活に楽しみが増えれば、活き活きと生活する事が出来ます。また、女性特有の悩みであるPMSにも判断能力が関わります。PMSは月経前に精神的に不安定になったり、体に不良が出たりします。PMSで精神的に不安定になれば判断能力も低下させてしまいます。実際に、PMSの影響で自殺してしまう、という人もいます。そのため、判断能力を高めることでPMS中の判断能力の低下も防ぐことが出来ます。 

BODY CLINIQUE(ボディクリニーク)で判断能力が高まる理由

BODY CLINIQUE(ボディクリニーク)では運動習慣も作っていきます。運動が脳にも良い影響を与えてくれます。運動することで脳細胞も活性化でき運動中に思考が整理され判断能力を高めることが出来ます。また、運動することで脳への刺激が増えるとドーパミン、セロトニンというホルモンの分泌量が増加します。これらのホルモンは幸福感や達成感を感じることができ、ストレス解消にも繋がります。BODY CLINIQUE(ボディクリニーク)で運動習慣を身につけ、継続していくことで脳への刺激も増え、判断能力を高めることが出来ます。運動習慣で判断能力を高めると共に健康維持もでき、日常生活をストレスなく過ごすことが出来るサポートをBODY CKINIQUE(ボディクリニーク)が行っていきます。      

【ACCESS】

BODY CLINIQUE(ボディクリニーク)
ヘルスケア+パーソナルトレーニング

6:00~21:00 不定休

〒460-0003 名古屋市中区錦2丁目13−31

地下鉄伏見駅一番出口北向、一本目右、三本目右、バリオカフェ隣〔徒歩約4分〕